女性の転職で困る事

女性の社会進出が進み、大手企業にも女性の幹部が増えてきました。

女性の転職で困る事

女性の社会進出が進み、大手企業にも女性の幹部が増えてきました

女性の転職で困る事
女性の社会進出が進み、大手企業にも女性の幹部が増えてきました。
ですが、女性が転職するときには、いまだに結婚や出産・育児で困ることが多いものです。

友人も、もっと自分のスキルを活かせる条件の良い職場への転職を希望したのですが、そこで子育て中の女性は採用できないということを遠まわしに言われたそうです。
その理由は、子供が熱を出した、子供を妊娠した等の家庭の理由で仕事を休まれたり、転職後に育休や産休を取られたりしては仕事が回っていかないからというものだったようです。
即戦力として期待して採用したのに、もしそうなっては困るということらしいです。
このように、女性の転職では育児や出産等がネックとなり、満足する条件の職場を見つけにくいことに困っているそうです。

男女平等といいつつ、家庭内では家事を行う比率は女性の方がいまだ多い家庭が多く、職場でも女性が家庭や出産・育児や介護を理由に敬遠される現実は、なかなか変わらないようです。

最近、女性を育児等の理由で降格するのは駄目だという判決が出て注目を集めましたが、同じ職場でさえ行われている女性への差別が、女性の転職の際にも実際行われている現状を見ると、女性の転職に子育て等での差別がなくなるのは、まだまだ先になりそうです。

関連サイト